魅力的な絶景旅行情報がいっぱい!
メルマガ登録・解除
読者登録規約
>> バックナンバー                        powered by まぐまぐ
 
絶景専門の旅行サイト、『絶景.com』あなたを忘れられない感動の絶景にご招待します。

  HOME絶景コラム
絶景探検隊 夜景絶景なお宿 絶景露天風呂のお宿 絶景が楽しめるツアー 絶景壁紙 絶景コラム
絶景グッズ 絶景本屋さん 街で見つけたプチ絶景 絶景へのチケット 絶景の+αな楽しみを 心が和む花絶景

絶景コラム

絶景コラムメニュー
魅力的な絶景旅行情報がいっぱい!絶景はあなたを幸せにしてくれる
魅力的な絶景旅行情報がいっぱい!絶景に魅了されてしまいました
魅力的な絶景旅行情報がいっぱい!とにかくあなたを喜ばせたい
魅力的な絶景旅行情報がいっぱい!絶景探しはやめられない
魅力的な絶景旅行情報がいっぱい!絶景があなたをキレイにする!?
魅力的な絶景旅行情報がいっぱい!雨の日でも楽しめる絶景
魅力的な絶景旅行情報がいっぱい!絶景を楽しむための七つ道具
魅力的な絶景旅行情報がいっぱい!バカになるほど楽しめる!
魅力的な絶景旅行情報がいっぱい!あなたにも作れる絶景グッズ
魅力的な絶景旅行情報がいっぱい!絶景探しは宝探し
絶景探し6つの視点


とっておきの絶景DVD


世界の秘境 ハイビジョン・ミュージアム

世界の秘境
ハイビジョン・ミュージアム



世界の空撮 ハイビジョンミュージアム

世界の空撮
ハイビジョンミュージアム



virtual trip THE MOVIE 地球の大自然 FASCINATING NATURE

virtual trip THE MOVIE
地球の大自然
FASCINATING NATURE



NATURE~relaxation japan~「日本の心風景」

NATURE~relaxation japan~
「日本の心風景」



北海道百景〜癒しの大自然・色

北海道百景
〜癒しの大自然・色



前田真三の映像世界~拓真館から美瑛・上富良野の風景へ~

前田真三の映像世界~拓真館から美瑛・上富良野の風景へ~



絶景はたくさんの人に夢を与えてくれる。
あなたは絶景を前に、どんな思いを馳せますか?
さあ、絶景について語ろう!絶景は人を幸せにしてくれる!

絶景探検に役立つ旅行サイト


北海道で絶景探し


沖縄で絶景探し


絶景露天風呂探し


絶景探検必須アイテム!破格の航空券


〜絶景コラム〜

◆◇ 絶景はあなたを幸せにしてくれる


 あなたの前にとんでもなくキレイな絶景が広がっていたら、
どんな気分になりますか?


その絶景を見ているだけでも何だかとっても幸せな気分になりませんか?

どうしてなんでしょうね。
理由はわからないけれど、
絶景はあなたを幸せにしてくれます。
絶景を目にした瞬間、時間がまるで止まったかのように、
人はその目に映る風景についつい魅入ってしまいます。

それにね、
絶景を前にすると、どんな人でもすっごく純粋に喜んじゃうんですよ。
そのときにこぼれる自然な笑顔って、
あなたのなかでも最高の表情だと思いませんか?


絶景はあなたをイキイキと魅力的にさせてくれる魔法の薬のようなもの。


だったら絶景をいっぱい見てどんどん
自分の内面から魅力的になっちゃいましょう!

このサイトを見てくれたあなたが、
絶景探しを通してどんどん魅力的になってくれれば
それが何より嬉しいです。


絶景がキライな人っていないでしょ?
ほら、食事のときも窓際の眺めのいい席に座りたくなるし、
山登りしたりするのも、やっぱり普段見れない素晴らしい
絶景を見たいから、しんどくても頑張って頂上目指すんですよね。

そう、人は生まれながらにして絶景が好きなのです!


だから、せっかくだから、もっともっと絶景を楽しんじゃいましょう!


あなたが知らない素晴らしい絶景も世界中にはゴロゴロしていますよ。
人生は一度きりしかないんだから、
それまでに出来るだけたくさんの絶景を目にして、
いっぱいいっぱい幸せになりましょう!

このサイトではそんなあなたに
絶景の魅力をこれでもか!ってくらいお伝えしちゃいます!(笑)

いざ、絶景を目にしたときに、
今よりも何倍も満喫できるように、絶景のいろいろな
楽しみ方も惜しげもなくご紹介いたしますよ!


さあ、あなたはこの週末、一体どんな絶景を見に行きますか?
まさか、家でゴロゴロしてるだけ、なーんてことないですよね?


「思い立ったらすぐ行動!」


これをスローガンに゛絶景.com"思う存分お楽しみください!
▲PageTop


◆◇ 絶景に魅了されてしまいました


 ふとこんなことを考えました。
今ある仕事や生活を一切考えなかったら、自分は何をして生きていきたいか?
年をとったとき、どんな人生を歩んでいれば後悔しないで笑えるだろう?


あなただったらその答えはなんでしょうか?


その答えが僕にとっては「絶景」でした。


僕は旅をするのが三度のメシより好きなんです。
時間があればバッグとカメラを持ってしょっちゅう家を飛びだしちゃいます。
これまでも自分が今まで見たこともないような絶景を求めて、
日本中を駆け回りました。


旅の途中でケガをして断崖絶壁の一本道を足を引きずりながら
何キロも歩いたこともありました。

自転車で急斜面を駆け下りる際に、転倒して血まみれになったこともありました。

でもね、いくら辛いことがあっても僕は



絶景探しの旅が大好きなんです。



何でそんなに絶景探しが好きなんだと思います?

それは、絶景を探し求める旅の過程の中に、いろんな心温まる人との出会いや
新しい気付きがいっぱいあって、それが僕にとっては何よりも素晴らしい経験となるからなんです。


絶景を見て、すっごい感動した時は周りにいる人みんなが純粋に喜びあえる。
それが何より嬉しいんですよね。

社会人になってからは学生時代ほど時間を気にせず
旅に出ることもできなくなり、絶景に触れ合う機会も減ってしまいましたが、
それでもこの気持ちは忘れちゃいけないと思うんです。


よし!再び絶景探しをはじめよう!
そして自分のこの経験を通して、
絶景の素晴らしさ、それを探し求める楽しさを多くの人に伝えよう!

そして、あなたにとってこのサイトが
今以上に魅力的な自分に変身するための良いキッカケとなりますように。。。


そんな思いでこのサイトを立ち上げました。

僕の夢は絶景の魅力をたくさんの人に伝えながら、
ちょっとづつお金を貯めて、
世界を股にかける絶景探検家になることです。

絶景探検家。
自分で言ってて、なんだかめちゃワクワクしてきました!
よ〜し、絶対になってやるぞー。

このサイト見に来てくれたあなた!
さあ、これから僕と一緒に絶景探しの旅に出かけましょう!


▲PageTop


◆◇ とにかくあなたを喜ばせたい


 僕がこのホームページを作った目的って何だと思います?


単に自分の好きなことをアピールしたいから?
自分の撮った絶景写真を公開して自己満足に浸りたいから?


いいえ、違うんです。
このホームページを作った目的、
それは、

とにかくあなたに思いっきり喜んでいただくこと!

これがイチバンの目的なんです。
わざわざ何万というサイトの中からこのページを見つけて訪れてくれたんですから、
そんなあなたには徹底的に喜んでもらって、
「このページ見つけてよかったぁー♪」って大満足してもらいたいんです。(笑)


しかも、このサイトを見てまわることで、どんどんあなたが自分らしく輝けるように、
僕の大得意分野である絶景探しの旅からあなたらしさを高めるヒントを満載で
お届けいたします。


あなたもわざわざ訪れたサイトが単なる自己中心サイトだったり、
中身の薄っぺらいサイトだったら、ガッカリしちゃうでしょ?

なのに、そういうサイトってけっこう世の中に溢れかえっているのも事実。

ホントにあなたが求めている情報って、そんなのじゃないですよね?
本当に欲しい情報は、もっともっと見に来てくれる人のことを考えて作られた
サイトの中にこそあったりします。


僕も同じ作るならそういうサイトを作って、
訪れてくれたあなたにどんなページにも負けないくらい、
たくさんの”喜び”と”気付き”を提供していきたいと思っています。

このサイトのコンセプト、

それは、



「絶景を通してココロを磨く!」



です。(笑)

単に絶景を見るだけじゃなくって、
絶景探しを重ねるごとに、あなたが内面からどんどんキレイになれるように、
そして毎日イキイキと輝いていられるように。


そんな思いで運営していきます。


もちろん、まだまだ改善しなければいけないところは山ほど残っていますが、
あなたに少しでも多く喜んでもらえるように、全力で取り組みますので、
どうぞ、ゆっくり楽しんでいってくださいね♪


あなたが素晴らしい絶景と出逢えますように。

魅力的な絶景旅行情報がいっぱい!あなたに贈るプレゼント
▲PageTop


絶景探しはやめられない


 あなたが見たことのある最高の絶景ってどんなのですか?
あまりの綺麗さに言葉も失うほどの絶景に一度でいいから出会いたい!

そんなことをいつも思いながら、僕は大好きな旅によく出かけます。
絶景っていうのはたとえ全く同じ場所でも訪れる時間や季節、天候が変われば
まるで別物になっちゃうくらい刻々と変化する生き物のようなやつですから、
なかなか見つけようと思って見つかるものでもありません。

でも、そこがまた面白いなぁ、って思うんです。


あなたも思いがけない風景に出会って感激したことあるでしょ?
そういうときの思い出って昔のことでも結構忘れずに覚えていますよね。
そんな経験をいーっぱい積み重ねながら年をとっていけたら、
すごく楽しいし、自分もどんどん魅力的になっていけそうな気がしませんか?

このサイトは絶景をテーマに毎日をワクワク、超楽しく過ごすための
絶景ネタ満載でお届けしたいと思っています。。


僕はね、学生時代に長野に下宿していたんですけど、
長野って自然もいっぱいで山もすっごいキレイなところが沢山あったので、
長野に引越しして学生生活を始めたときに、ひとつの目標を立てたんですよ。

何だと思います?


それはね、



長野にいるうちに長野県のガイドブックに載っている観光地を制覇するというもの。


勉強のことは一切考えませんでした!(笑)


だって、目の前にアルプスがあるんだもん。
絵葉書のような風景がすぐそこに広がっているのに、
部屋の中で勉強している場合ではないです。(笑)

だから僕はヒマを見つけては素晴らしい絶景を求めて
大自然の中に繰り出したのでした。

乗鞍岳で見た雲海を真っ赤に染める日の出、
雪をかき分け入りにいった雲上の湯「本沢温泉」、
澄みきった清流の美しさに絶叫した万古渓谷。
数え上げたらキリがありません。

それに、こういう思い出って何年たっても忘れることがないんですよ。


あなたは今年に入っていくつ絶景を目にしましたか?

もしまだだったらこんなところで僕のページなんか
読んでる場合じゃありませんよ。(笑)
今すぐ絶景探しの旅に出かけましょう!

ひょっとしたら、今まで目にしたことのないような
素晴らしい絶景に出会えるかもしれませんよ!
▲PageTop


絶景があなたをキレイにする!?


 絶景が私をキレイにする?

またぁー、そんな訳ないでしょ。


って、思ったでしょ?
でもね、あながち嘘じゃないと思いますよ。

あなたが実際に絶景を目にしたときのことを想像してみてください。

絶景を見つけたあなたはまるで子供のように
目を輝かせて喜んだりするんじゃないですか?

そんなときって、心の中からイキイキしていて、
あなたは周りの人から見てもとっても輝いていて魅力的に見えると思いますよ。


ちょうど、目標を持って夢に向かって突き進むオリンピック選手のように。


感じたものを感じたままに表現すること。
素直に純粋に見たものを受け止めること。


絶景にめぐり合うことで、そういった感性にどんどん磨きがかかります。

そしてあなたの心の中にドキドキワクワクがいっぱいになったとき、
その気持ちは周りの人に伝播するのです。

自分だけでなく、周りの人まで楽しくさせれたら、
それってすごい素晴らしいことだと思いませんか?

それを続けているうちに、
あなたの性格は以前よりもずっと明るく前向きなものに変わっていることでしょう。



ココロの中からキレイになれる。


そんな効果が絶景にはあるのかもしれませんね。

ま、何はともあれ、
絶景をいっぱい見ていっぱい楽しい思いするぞー!
って、頑張ってる人はいつもイキイキ輝いてるし、
何もしないでぼーっとしている人に比べたら数千倍魅力的でキレイだと思うなぁ。

僕の知り合いにもけっこう旅行が大好きなコがいるんだけど、
彼女たちは普段の生活でもとてもイキイキしていて
見ているこっちまで楽しくなってしまうような雰囲気を作っていますよ。

そういう人は見た目だけじゃなくって
人間的な魅力に溢れていて、すごいパワーを感じますね。



あなたも表面上のキレイさばかりに目を向けるんじゃなく、
中身からどんどんキレイになっていきましょう!



絶景を見て思いっきり感動して、ココロの中からキレイになる!


そんな欲張りなあなたを僕は心から応援します。

▲PageTop


雨の日でも楽しめる絶景


 絶景を見るんだったらやっぱり晴れた日が一番だね!

その気持ちよくわかります。
僕も絶景を見に行く場合は晴れの日に好んで出かけます。


でもね、天気は晴ればかりではありません。
あなたがOLさんの場合は、平日いくら天気のいい日が続いても、
なかなか絶景を見に行くこともできないですよね。

そして、休日に限って雨が降ったりする。。。


僕もだいぶこれで悔しい思いしました!


でもね、雨もなかなか捨てたもんじゃないって最近気が付いたんです。

雨なんか降ったらせっかくの絶景が台無しだと思うでしょ?

ところが、中にはあるんですよ。
雨のときにしか見れないような絶景が!


その一つは霧雨が降るなかの花風景がそうです。


音もなくしっとりと霧雨が降る日はぜひ花の咲いてるところに出掛けてみてください。
霧雨が降っているときの空はそんなに暗くはないし、
草花の表面がしっとりと濡れて、鮮やかさがより一層増すんですよ。

だからイキイキとした葉っぱの緑と艶やかな花のコントラストが
晴れているときとはまた違う美しさを演出してくれます。


霧雨の日は周りの風景に薄っすらと光のベールが掛かったような
幻想的な光景が広がることもしばしばで、

そんな絶景に出会ったときは
きっとあなたも雨もまんざら捨てたもんじゃないなと思うことでしょう。



また、雨の日に滝を見に行くと、普段目にすることのできないような
大迫力の絶景に出会えることがあります。


地響きにも似た轟音を立てて流れ落ちる滝。

雨が降って水量が増したとき、その迫力は最高潮に達します。
その流れを見ていると、
怒り狂った龍のようにも見えてきて、
圧倒的な大自然のパワーに足がすくんでしまいます。


普段、私達が思い描いている絶景とは真逆の絶景が雨の日には
潜んでいるのかもしれませんね。


でもね、あなたに一つだけお願いです。

雨の日の絶景を見に行く時は、十分に、十分すぎるくらいに注意して
出掛けてくださいね。
ケガしたら何にもなりませんからね。

自然の猛威の前では人間なんて無力に等しいですから。


そして、雨が降るということは、次に必ず訪れるモノがあります。



雨上がり。


そう、これが実はとんでもない絶景を連れてくることがあるんですよ。

もうわかりましたか?



そうです、虹ですよ。虹!

この七色の光り輝く水滴が様々な風景を絶景に変えてくれます。

あなたもすごくキレイな虹を見つけて
思わず立ち止まって見とれてしまったって経験は一回や二回じゃないでしょ?

様々な条件が重ならないと姿を現さない虹。

だからこそ、見つけたときはほんと嬉しくてついつい魅入ってしまうんですよね。


いかがですか?
雨が降っても結構、絶景って楽しめるものでしょ?


さあ、あなたも晴れの日ばかりにこだわってないで
いろんな絶景を探しにいきましょう!

最高の絶景が、あなたの訪問を待っている!

▲PageTop


絶景を楽しむための七つ道具


 あなたが絶景をもっともっと楽しめるように、
絶景を見るのにすっごく役立つ七つ道具をご紹介しちゃいましょう!


これを持っていればあなたも絶景をスミからスミまで満喫できますよ。

それでは順番にいってみよう!


(1)カメラ

これはけっこう持ち歩いている人も多いんじゃないでしょうか。

カメラがあると、気に入った絶景に出会ってもすぐに写真に残せるし、
後で家に帰ってからもずっと楽しめるし、
周りの人に「こんなにいいところ見つけたよー」って教えてあげることもできる。
カメラが一つあるとホント楽しみの幅も広がりますね。

別にプロのカメラマンが持っているようなすごい一眼レフカメラや
望遠レンズまではいりません。

もちろん、そういうのをこだわればこだわるだけ、
絶景をテーマにした作品作りの楽しさも出てくるとは思いますが、
まずは純粋に絶景を楽しむことにしましょう。

僕も写真を撮ることは大好きなので、そういうのにハマりつつあります。

でも、レンズってけっこう高価でなかなか買うに買えないんです(>_<)
お金が貯まる前に絶景を見に行っちゃうから。(^-^;)


最近は高画素のデジカメもいっぱい出ているから
そういったのを一つ持ってるといいかもしれませんね。

フィルム代がかからなくて何度でも撮りなおせるのがイイ!


さあ、あなたもお気に入りの絶景写真をたくさん撮って、
あなただけの絶景コレクションを完成させよう!


ちなみに僕が愛用しているカメラはこちらです♪


(2)カメラ付き携帯電話

これも(1)のカメラに通じる部分がありますが、
すっごい絶景を見つけたときって感激してすぐにその思いを
友達や彼に伝えたくなることってあるでしょ?

そんなとき、やっぱりカメラ付き携帯は便利ですよね♪

撮ったその場でメッセージと一緒に送れる。

あなたも仲のいい友達からキレイな絶景写真とメッセージが送られてきたら
すごく嬉しいと思いませんか?

送ったほうももらったほうも嬉しくなれる。


絶景を見つけたらその感動をみんなにもお裾分けしよう!



(3)絵手紙セット

何も写真だけが感動を伝えるための道具ではありません。
本当に気に入った絶景が見つかったのなら、
その風景を絵手紙にして親しい人に送るというのも
なかなか良いものですよ。

僕も学生の頃は絶景を求めて一人旅を良くしたんですが、
なんせ、学生でお金がなかったので寝袋を担いで
基本的に夜は野宿して旅してました。
そんな僕に会って温かい声をかけてくださった地元の方もたくさんいて
家に泊めていただいたことも多々あったんです。

そんな親切にしてくださった方にお礼がしたい!
でもね、僕は宿にもろくに泊まれないような貧乏学生だったから
そんなときに旅先で見つけた絶景をスケッチブックに描いて
プレゼントしたこともありました。

ぜんぜん絵ごころもなくて下手くそな絵だったけど、
すごく喜んでくださって「額縁に入れて飾ってます」って
逆にお礼をいただいたりして、その時はすっごく嬉しかったですよ。

絵の上手い下手なんて関係ないんです。
要はその感動をどんな形で表現するかだけの問題。

だからあなたも素晴らしい絶景に出逢ったら、
表現の一つとしてぜひ絵手紙にも挑戦してみましょう!

いまはこんなセットわかりやすい教材があるので、初めての人でも大丈夫!


ひょっとしたら、あなたの隠れた才能が開花するかもしれませんよ。(笑)



(4)ガイドブック

絶景ポイントはいろんなところに散らばっています。
それらを上手く効率的に見てまわるには
その出掛ける地域のガイドブックを一冊持っていくと便利ですよ。

もちろん、絶景ポイントはガイドブックに載っているところだけ
とは限らないけど、よほどの地元でもない限り、
あなたもその地域はどんなところが魅力的なのか
なかなかわからないことも多いんじゃないですか?

また、ガイドブックが一冊あるだけで、街を歩く場合の地図代わりにもなるし、
絶景を見ながら食べる地元名産のおやつはこの店で買おう!とか、
絶景の楽しめる露天風呂を探すぞ!ってときにも一役買いそうですね。

ガイドブックをお供に地元でもいろんな情報収集をしながら
絶景探しをしてみるときっと素晴らしい発見があることでしょう!



(5)手帳

これは普段から持っている人もほとんどかもしれませんが、
何か旅先で得られた情報はすぐにメモできるように
手帳とペンは常に持ち歩いているといいですよ。

「人は忘れる生き物だ」
って、どこかで聞いたことあるけど、ほんとそうですよね。

そのときは覚えていても、また次新しい情報が入ってきたら
そっちに夢中になってしまってその前のことはすっかり忘れてた!
って経験、あなたにもあるんじゃないですか?


絶景探しの楽しさは何も絶景を見ることばかりではありません。

それをする過程でいろんな発見があったり、真新しい体験をしたり、
地元の方たちと触れ合ったり、そういう部分が大切なんです。

だから、ハッと気付いたことやそこで得られた経験など、
些細なことでも何でも構わないから
手帳に書き込んでおきましょう。

後に絶景写真と一緒にこのメモを見たとき、
その時の忘れられない楽しい思い出が克明によみがえってくることでしょう!

手帳にこだわって見たい人はこちらをどうぞ♪



(6)レインウエア

絶景を楽しんでいたら、急ににわか雨が降ってきたぁー!(>_<)
そんな経験ないですか?

いきなり雨が降ってきて、傘も何も持っていなかったら
絶景を楽しむどころじゃなくなっちゃいますよね。


そんなケースに備えて、レインウエアを用意しておきましょう。

傘でもいいんですが、絶景を見に行くときは
結構すごい岩場を越えて行ったり、急な斜面を両手を使って登ったり、
なかなかハードな行程が待受けている場合も多いです。

だから傘よりもレインウエアを着て両手の自由を確保しておくほうが
安全でオススメですよ。

天候に左右されないで、絶景を満喫できるよう、雨対策は万全で挑みましょう!


こういうウエアが一着あると、ホントに雨の日もへっちゃらですよ♪


(7)トレッキングシューズ

自分の足を使って大自然の中の絶景を探しに行く場合は
何より足回りをきっちり固めて出発しましょう。

山道などを行く場合は特にそうですが、
石がゴロゴロしていたり、足元がぬかるんでいたり、
一歩道から足を踏み外すと大怪我をするようなところもたくさんあります。

絶景を見に行ったにも関わらず、
途中の道で足をひねって帰ってきました。。。
では楽しむどころか何をしているかさっぱりわかりませんよね。

だから、山歩きに最適な自分の足に合ったトレッキングシューズ
履いて絶景を見に行きましょう。


僕も昔、富山の秘境、黒部渓谷の奥地に絶景露天風呂を目指して
旅したことがあったんです。
その時は足回りをおろそかにしていたために足をひねってしまいました。(>_<)
そこから帰るには水平歩道と呼ばれている断崖絶壁をコの字型にくりぬいた
人一人がやっと通れるような細い通路を10キロ以上歩かないと帰れません。
落ちると間違いなく死んじゃうような通路を、ひねった足をひきずりながら、
しかも雨が降っていて道が滑りやすくなっている中を歩いて帰ったんですが、
さすがにこの時ばかりはヤバいと感じました。

今ではそれを教訓に、自分にピッタリのシューズを履いてます。

あなたは途中でケガをしてせっかくの絶景探しが台無しにならないよう、
しっかりとシューズは選ぶようにしてくださいね。



絶景を楽しむための七つ道具、いかがでしたか?
ま、ここに挙げた七つだけにこだわらず、自分なりにいろいろ考えて
あったら便利だなぁと思えるものは持っていきましょう。

あんまり荷物が増えすぎて、途中でしんどくならないように
ほどほどにしておいてくださいね。(笑)

上記以外で僕が常に携帯しているのはお茶とおやつかなぁ。(笑)
絶景の前で食べるおやつは格別です!
ぜひ、あなたもやってみてくださいね。

どーでもいいけど、富士山を見ながら食べる’プッチンプリン’は最高ですよ♪


▲PageTop


◆◇ バカになるほど楽しめる!


 絶景を楽しむときは思いっきりバカになろう!

格好なんか気にしないで、
子供の頃に遊んだように、純粋な気持ちで
絶景を楽しむことだけ考えましょう。


バカになるほど楽しめる。

これ、本当なんですよ。

この間ね、僕と仲のいいイトコ達と一緒に
琵琶湖が一望できる絶景ポイントにバーベキューをしに行ったんです。
その時も「絶景ポイントを勘違いしているヒト」になろうということで、
日本三景のひとつ、天橋立でよくやる、股の下から景色をみるやつを
周りに人がいっぱいいるのに、全員、何故か琵琶湖でやってみたり、
おやつに持っていってた「たけのこの里」を額に乗っけて
記念撮影をしたり、めちゃんこ楽しかったです。


この前、石垣島に行ったときは、
僕ではないんですが、一緒の宿に泊まっていた男女グループが
珊瑚礁が一面に広がる浅瀬の桟橋で海にいっぱいいたナマコを集めてきて
それで「ナマコ」って字を桟橋の上に作って、ナマコを顔の上に乗せたりしながら
一緒に記念写真を撮ってましたよ。(笑)


絶景に限らず、旅全体に言えることですが、
とことんバカになったほうが何倍も楽しい思い出ができますよ。


そんなこと言っても、
一人旅が専門の私にはそんなバカなこと一人でできる訳ないじゃない!


う、た、確かに一人でここまではじけるのはちょっと厳しいかもしれませんね。。。

でもね、あんまり恥ずかしがったり、格好ばかり気にしていたら、
心の底から絶景を楽しむことなんてできませんよ。

純粋な素直な気持ちで絶景を捉えることこれがやっぱり楽しむための秘訣ですね。


さあ、あなたも思いっきりバカになろう!

あなたも絶景ポイントで超くだらない「ばか写真」が撮れたら
ぜひ私にも送ってくださいね♪(笑)


▲PageTop


◆◇ あなたにも作れる絶景グッズ


 絶景を見に行くだけじゃ物足りないという欲張りなあなた!

そんなあなたにオススメなのは
絶景にちなんだあなただけのオリジナルグッズの製作です。


まずお手軽に作れるものからご紹介していきますね。


(1)絶景ポストカード

絶景写真で素晴らしいものが撮れたら、
その写真をポストカードにしちゃいましょう!

あなたがデジカメで撮った写真ならそれをそのまま
画像データとして編集できるので、フォトレタッチソフトなどを
使って色調を整えたり、トリミング(写っている写真の中から
必要な部分だけを切り取って利用すること)したりすれば、

あとは写真印刷用のハガキに印刷するだけでオリジナルポストカードの完成です。

あなたのセンスでどこにも売ってないような
めちゃキレイなポストカードを作って、
友達や彼に送ってみるのもいいんじゃないでしょうか。


(2)絶景写真集

あなたが写真に収めた絶景の中で特にお気に入りのものを
編集してオリジナルの写真集を作っちゃいましょう。

最近ではこのようなオリジナル写真集を依頼すれば
キレイな冊子風にしてくれるサービスなんかもあるので
これらを利用すればさらに本格的な作品が完成しますよ。

プロのカメラマン気分に浸りながら、すてきな写真をいっぱい撮って
オリジナル写真集を作ってみましょう。

友達とお茶するときとかに、「これ私がつくったのよ」って言って
見せてあげると「すごーい!」って驚かれること間違いなしですよ。


(3)絶景カレンダー

写真を使った絶景グッズ第三弾!
絶景写真がいっぱい貯まってきたら、
今度はその写真を使ってオリジナルのカレンダー作りにチャレンジしましょう!

カレンダーの台紙は無地のものが市販されてますし、
インターネットからでもダウンロードできたりしますので、
それらを用いて写真をはめ込むだけで完成です。


来年はあなたの思い出の絶景とともに一年を過ごしてみては?


(4)絶景絵手紙

これは絶景を楽しむための七つ道具のコーナーでもご紹介しましたが、
写真じゃなくってあなたが見た絶景を感じたままに絵で表現して
その感動を文章に込めて絵手紙にしたら、
きっとすごく味のあるいい作品が出来上がると思いますよ。

こんなのが友達から送られてきたら、嬉しいだろうなぁ。
あなたもぜひ、大切な人に送ってあげましょう!


(5)絶景アクセサリー

あなたがもし絶景探しに出かけて、
そこでキレイな石とか貝殻とか木の実を見つけたら
それを使ってちょっとしたアクセサリーを作ってみてはいかがですか?

ちょっと作り上げるには工夫が必要でしょうけど、
完成すればあなただけのオリジナルアクセサリーとして
店では買えないすごいアイテムを手に入れることになりますよ。

浜辺で見つけた珊瑚のかけらや貝などを
ワンポイントで使用したネックレスとかを身に付けて
周りの注目を集めちゃいましょう!

最近ではホームページでそういったアクセサリー作りのサイトも
いっぱいありますので、参考にされるといいと思いますよ。



さあ、あなたも世界に一つだけのオリジナルグッズ作りに挑戦だ!



▲PageTop


◆◇ 絶景探しは宝探し


 絶景探しってまるで宝探ししてるみたいだなぁ。

ふとそんなことを思いました。

絶景探しと宝探し。

なんか似ていると思いません?
自分の求める絶景を探して地図を片手に歩き回る様子は
宝探しそのものだなぁって思うんですよ。


実は僕は宝探しが大好きなんです。(笑)


何度か宝探しイベントにも参加したことあるんだけど、
僕、宝探し大好きなくせに、謎解きがまるでダメなんです。(××)


でもね、宝物を発見した瞬間を考えたら
何故かやめられないんですよね。

だから絶景探しもやめられないのかもしれません。


あなたも絶景を歩き回って苦労して探して見つけた瞬間って
すごく嬉しいでしょ?

絶景を探しに出かけるときも、
今回は最高にキレイな紅葉を見に行く!とか
冬の寒い時期にしか見れない絶景を探すんだ!とか
いろいろとテーマを絞って探しに行くと、
一段と見つけたときの感動も大きくなるもんです。


一つ一つの絶景は大自然の宝物です。
中にはあなたが目にしたその瞬間にしか現れない絶景もあります。


いまこの瞬間、この絶景は二度とやって来ない。


そう思ったら絶景は何物にも替え難い宝物と言えるかもしれませんね。


さあ、今あなたがこれを見ている瞬間にも
素晴らしい絶景がどこかで生まれているかもしれませんよ!


あなたの感性を存分に生かして、
さあ、出かけましょう!

絶景という宝物を探しに!!




▲PageTop


◆◇ 絶景探し6つの視点


 絶景の魅力は十分にわかった!
早速、私も絶景を探しに行くぞ!


でも、ちょっと待って、
絶景を探しに行くっていっても、ゼッケイでしょ?
そんな簡単に見つかるものでもないんじゃないの?


そうですね。
見たいからといって簡単に見れないところが絶景のやっかいなところ。
でも、そこがまた絶景の魅力でもあるんですよね。


実は、絶景探しにもちょっとしたコツがあるんです。


今からご紹介する6つの視点で絶景探しをすれば、
あなたが絶景を探し出せる確立もぐ〜んとアップすること間違いなしですよ!

では一体、どのように絶景を探せば良いのか順を追って
ご説明していきますから、よーく覚えておいてくださいね♪
ここはテストに出ますからね。(笑)


絶景探し6つの視点ーその1−
〔自分の見たい絶景を明確にすること〕


自分が見たいと思う絶景は何なのか。
これをまず最初に明確にすること。

これめちゃ重要です。

今日は里山に花風景を探しに行くんだ。とか
今日は湖と山が見える絶景ポイントを探しに行くぞとか。

絶景は絶景でもいろいろな絶景があるから、
これらの中で自分は一体何が一番見たいのかを明確にしておくといいです。

どうしてかっていうと、

目的がぼやけていると絶景探しは偶然に頼らざるを得なくなるからです。

○○村にある△△というところに□□を見に行くっていうような
詳細な目的が作れたらもちろんそれに越したことはないけど、
そこまで決まっていなくても、せめて山とか海とかのどういう絶景が
見たいのかをイメージしておくことが大切です。


目的を持って行動すること。

これは絶景探しに限らず、すべてのことに当てはまるのかもしれませんね。



絶景探し6つの視点ーその2−
〔季節を考え旬を狙うこと〕

絶景探しに出かけようとしているいまこの時期はどういう季節で
何が旬なのかを考えましょう。

春は寒い季節の間、眠っていた草木が一斉に目を覚まし、
花を咲かせ芽を伸ばす時期。
だからそういった息吹を存分に感じられるような場所に出かけると
素晴らしい絶景に巡り会えたりします。
夏は空の色も山の緑も濃くなって、真っ青な青空と大地のコントラストが
とても印象的な季節となります。
秋は定番の紅葉に、空の雲も高くなりキレイな模様を描くことも多い季節となり、
冬になると夏とは対照的なモノトーンの世界に変わります。
雪景色や氷が作り出す風景が美しい絶景を作り上げてくれますよね。


季節が変われば同じ場所から見る景色も大きく変わってしまいます。

だから絶景を見に行く前にこの季節ならではの風景はどんなのがあるか
じっくり考えておきましょう。

一年を通して変化する気候や動植物に目を向けて、
旬のものを探しに行けば、
あなたもきっと、その時期ならではの絶景に出逢えると思いますよ。



絶景探し6つの視点ーその3−
〔その日の天候を考えること〕

いざ絶景を見に行こうとあなたが思っても、
その絶景が夕焼けで真っ赤に染まった空と海だとしたら、
その絶景は晴れの日しか見ることができませんよね。

そう、その日の天候で見ることのできる絶景が変わるのです。

だからその日が生憎の雨だった場合は
別の視点で絶景を探さないといけません。

もちろん、晴れている日のほうが、より多くの絶景に出逢える
確立は高まりますが、雨の日には雨の日ならではの
絶景というものがあります。

だから、そんな日はパッと視点を切り替えて
晴れの日とは別の絶景を探してみるのもいいですよ。

ちょっと大きめの本屋さんで風景写真のコーナーに行くと、
プロのカメラマンが撮影した絶景写真がいっぱい掲載されています。

そんな本を一冊買って持っておけば、
晴れている日はこんな絶景が見れる。
雨の日はこういうところに行けば絶景が楽しめるのかぁ。
等々、結構参考になりますので、そういう本や、
インターネットで写真家の方のページを参考にしたりしながら、
あらかじめ天候別に行ってみたい絶景ポイントのリストを作っておくと
いいかもしれませんね。

晴れ、曇天、曇り、雨、雪、いろんな天候がありますから、
それぞれの天候にぴったりの絶景を見つけに行きましょう!



絶景探し6つの視点ーその4−
〔地元の人の話に耳を傾けること〕

あなたは見たい絶景もある程度絞り込めて、
ついに絶景ポイントの近くにやってきました。

さあ、それでは早速、絶景を見に行こう!

いや、ちょっと待ってくださいね。
はやる気持ちはわかりますが、ここは一つ
近くの商店にでも立ち寄って、おやつでも買いつつ
地元の方のお話を聞いてみましょう。

やっぱり一番の絶景ポイントはその地元の人が一番よく知っています。

いくらガイドブックでそこの絶景情報を調べたとしても、
地元の人にしか知らないようなすごいお宝情報があることも多いんです。

やっぱり、聞き込みがいちばん!
現場の声を大切にしないとね♪


「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだっ!」←織田裕二風に(^-^)



絶景探し6つの視点ーその5−
〔見に行く時間を考えること〕

絶景は同じ場所、同じ季節、同じ天候でも見る時間によって
まったく別の風景に変化します。

太陽の位置が1日を通して変わるからです。
絶景ポイントでも朝日がキレイな場所、夕暮れ時に素晴らしい光景に変わる場所、
日が高い昼間しか光が差し込まない深い渓谷などなど、
絶景のなかでも見るのに最適な時間帯というものがあります。

あなたが見に行こうとしている絶景はどの時間が一番キレイかを
あらかじめ考えて出かけるようにしてみましょう。

これだけでもガイドブックに載っているようなきれいな絶景を想像していたのに
思ったはほどでもなかったなぁ。
なーんてことはグッと減ると思いますよ。



絶景探し6つの視点ーその6ー
〔見る視点そのものを変えてみること〕

さあ、いよいよあなたは絶景ポイントに到着しました!
探し求めていた絶景があなたの眼前に広がっています。

その絶景を前にしてあなたは感激することでしょう。
一通り絶景を堪能したら、ここでもう一度絶景をよく観察してみましょう。
今見ている絶景の中でも一際素晴らしい部分が
見つかりませんか?

また、いま見ているポイントからちょっと動いてみるだけで
目に映る風景ががらりと変ることもあります。

ちょっと一段高い場所から見下ろしてみる。
腰を下ろして低い視点から眺めてみる。

また、目の前の景色だけにとらわれず、周囲の景色や遠くの山並み、
空の雲模様などいろんな部分に目を向けて見ましょう。

あなたの考えていた絶景以上に素晴らしいものがそこから
見つかることもあるかもしれませんよ。

視点そのものを幅広く持って、好奇心いっぱいで絶景に接してみましょう。



さあ、いかがでしたか?
絶景探し6つの視点。

まあ、あんまりこれにばかりとらわれ過ぎて凝り固まらないようにしてくださいね。

何より一番大切なのは
あなたの絶景に対するドキドキワクワクなんですから。

このドキドキワクワクをいつまでも大切に
どんどん絶景探しの旅に出発しましょう!





▲PageTop

▲Home  

 ◇絶景.comコンテンツ◇

 絶景探検隊 | 夜景絶景なお宿 | 絶景露天風呂のお宿 | 絶景が楽しめるツアー | 絶景壁紙 | 絶景コラム | 絶景グッズ | 絶景本屋さん
 街で見つけたプチ絶景 | 絶景へのチケット | 絶景の+αな楽しみを | 心が和む花絶景 | リンク集 | プロフィール | ご利用について


Copyright(C)2004-.絶景.com.All Rights Reserved.





スポンサードリンク